なるほど、そ〜なんだ
宇都宮中心部
歴史にふれる編
街を歩くと、
歴史が語りかけてくる

 二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)

 旧篠原家住宅(きゅうしのはらけじゅうたく)

 大豆三粒の金仏(だいずさんつぶのかなぶつ)

 
宇都宮城公園 (うつのみやじょうしこうえん)

 鉄塔婆(てっとうば)

 およりの鐘(およりのかね)

 大いちょう(おおいちょう)

 蒲生神社(がもうじんじゃ)

 中心部マップ

コラムのお部屋
〜駅弁のはなし〜
駅弁発祥の地がなんと宇都宮、というのを知ってる?明治18年、大宮―宇都宮間に1日2往復の鉄道が開通、弁当の立ち売りを始めたところ人気を呼んだのが駅弁のはじまりとか。当初は、ごまをふりかけたにぎりめし2コとたくあん2切れだったそう。現在は種類も豊富、餃子弁当などもある。旅といえば駅弁、宇都宮の駅弁をお試しあれ。

 TOPページに戻る
 鉄塔婆 (てっとうば)
国の重要文化財
 清巌寺にある高さ3.3m・幅30p・厚さ6.6pの長大な鉄塔婆は、日本唯一のもの。「母は四恩の先であり、孝行は百行の源である」という意味の碑文が刻まれている。百人一首の生みの親といわれる宇都宮頼綱(蓮生法師)の供養塔も見ておきたい。
●JR宇都宮駅西口より、徒歩約5分。見学には、要事前連絡。
●宇都宮市大通り5-3-14清厳寺 028-627-7676